SEO 巨人、大鵬、卵焼き...柏鵬時代:大相撲 DVD 通販
昭和三十年代、子供たちの好きなもの
「巨人、大鵬、卵焼き」でした。

巨人は王、長嶋という国民的スターを有し毎年優勝の常連。

私はひねくれた子供でしたので、巨人マークの野球帽しか売ってない中、
阪神まのマークをスポーツ店で作ってもらい
母に縫い付けてもらってたくらい巨人が嫌いでした。

そんな私でも他を寄せ付けない強さの大鵬は好きで
晩年ですがテレビで見、応援してました。
大相撲の一時代として語られる柏鵬時代。
柏戸と横綱に同時昇進。
剛の柏戸、柔の大鵬といわれ、
千秋楽結びの一番は常に楽しみでした。
優勝回数では大きく水を開けられた柏戸でしたが
ここ一番の大鵬戦はなかなか強くそこが人気でした。

大鵬の頭抜けた成績で「大鵬時代」と呼ばれてもおかしくないのに
柏鵬時代」と呼ばれるのは
柏戸大鵬に対する並々ならぬライバル心
と意地があったからでしょうか。
現役時代、大相撲に一時代を創った二人でしたが、
親方としては、大鵬は病気がち、柏戸は10年以上にわたり審判部長を勤めたが
やはり病気に勝てず、栃若が揃って理事長になった様には行きませんでした。

送料無料 39,000円 お求めやすい分割払い(3,990円×10回)もあります

名力士77人を大特集した昭和力士列伝 「大相撲大全集 DVD全10巻」 ご購入はこちらから